飲食店のSEO対策の基本・あなたのお店のローカルSEO対策は大丈夫ですか?

SEO対策と言われると、難しい言葉のように思えますが、なんてことはありません。要はグーグルとかヤフーなど検索エンジンで特定のキーワードで検索をかけた際に、あなたのお店のホームページが上位に表示されるように対策しましょうということです。

SEO対策に必要な実際の施策のことはおいておいて、そもそも飲食店にSEO対策は必要なんでしょうか。

これは個人的な考えですが「できればいいけど、そこまで頑張るポイントでもない」と考えています。

SEO(ローカルSEO)とは?

そもそもSEO対策とはなにか。

SEO対策とは、インターネットの検索結果で自分のWEBサイトを上位表示させたり、より多く露出させるための施策です。
ここ最近の検索結果というのは、検索する場所によって結果が変わってきます。例えば渋谷にいる状態で「居酒屋」と検索すると、その人の位置情報をもとに「渋谷にある居酒屋」が上位に表示されやすい状況です。
そのため、新たにローカルSEOという言葉も生まれています。ローカルSEOは「地域名+ 業種」や「地域名+業態」など地域の影響を受けるキーワードで検索した場合に、その地域で検索しているユーザーの検索結果に自分のWEBサイトを上位表示させるように最適化を行っていくことを指します。

飲食店を取り巻くSEOの現状

飲食店にとって最も理想的なSEOの状態は「店名」で検索しても、「地域名+業種や業態」で検索しても、あなたのお店のホームページが最上位に出てくる状態ではないでしょうか。

しかし現実にはこれは不可能に近いです。試しに「地域名+業種や業態」で検索してみてください。特定のお店のホームページが最上位に出てくることは、ほぼないでしょう。

渋谷 レストランでのSEO検索結果

※例えばこちらは「渋谷 レストラン」での検索結果ですが、SEO上位を食べログや一休.comなどの大手ポータルサイトが独占してしまっており、特定の店舗のホームページが上位に出るようなことはありません

 

代わりに上位に出てくるのは「ぐるなび」や「ホットペッパー」「食べログ」「Retty」などの飲食系のポータルサイトです。

こういったサイトは、代理店や店舗側に情報の編集をさせることで、常に最新の状態にアップデートされますし、複数の店舗を掲載していることで情報の網羅性が高く、SEO的に非常に強いのです。

こういったサイト郡のドメイン(URL)は非常に強力なので、仮にあなたのお店が独自のホームページをもっている場合でさえ、「店名」で検索した際に自社サイトではなく、残念ながらこういったポータルサイトのあなたのお店のページがより上位に出てきてしまうことも多いです。

飲食店にSEO対策は必要なのか

結局、集客に効果的なキーワードは大手のグルメ媒体がほとんど抑えてしまっているのが現状のため、私個人としては飲食店は過度にSEO対策にこだわる必要はないと考えています。

しかし、自店舗のホームページくらいは用意しても良いとは思いますし、せっかくホームページを用意したなら、最新の情報を更新するべきでしょう。

もちろん、あなたのお店が連日常連さんで賑わっており、十分利益が出ているのであれば問題ありませんが、より多くのお客様を集客していきたいのであれば、定期的に新規顧客向けのキャンペーンなどを実施し、それをホームページ上で発信することで、新規顧客にアプローチすることができます。

頻繁に更新されるホームページであることは、Googleなど検索エンジンからは良い評価を受けるので、SEO的にも良い効果が生まれます。

集客が足りていないなら、ポータルサイトの利用も考えよう

上で説明させて頂いた通り、飲食関係で集客につながりやすいキーワードは、ぐるなび・ホットペッパー・食べログ・レッティなどの飲食関係ポータルサイトが抑えてしまっています。

こういったサイトを毛嫌いされる飲食店オーナー様も多いとは思いますが、ハサミは使いようというやつで、しっかり費用対効果が出る形で運用すれば決してポータルサイトを使うことは悪いことではありません。

ポータルサイトを上手に使うためには、面倒な更新作業や、各媒体・各エリアの特性にあわせたページ作り、利用者にとって魅力的な販促内容(コースやクーポンなど)が必要になりますが、絶えず効果検証をしていけば、他のお店が手を抜く部分ではあるので、しっかり利益を出せる使い方ができるでしょう。

集客に困っている状況で、まだポータルサイトを使ったことがないなら、一度導入を検討してみてもよいかもしれません。

Googleマイビジネスを制すればSEOを制したようなもの

Google マイビジネスは、Google 検索や Google マップなど Google のサービスにビジネスやお店などの情報を表示し、管理するための無料のツールです。

例えば、スマートフォンで「新宿 カフェ」と検索すると以下のような検索結果になります。(2020/07/20現在)

新宿 カフェの検索結果

最上部に地図と、その下に3店舗分特定のカフェが紹介されているのが見えると思います。この3店舗に掲載されるために絶対的に必要になるのがGoogleマイビジネスです。

ある意味ここを制すればSEOを制したとも言える箇所なので、無料で取り組めることもメリットですし、飲食店・居酒屋の運営者様は絶対にGoogleマイビジネスに取り組むべきと言えます。

まとめ

飲食店でWEBからの集客をするにあたって、SNSだけを活用するなどして、検索エンジンからの流入をまったく利用しないこともできます。しかし、検索エンジンを制すれば安定的に新規ユーザーを取り込むことが可能です。

一方で、集客につながるようなキーワードは飲食ポータルサイトが抑えてしまっているので、費用と相談しつつポータルサイトの利用を検討しましょう。

また、費用をかける前にGoogleマイビジネスは無料で使える集客ツールであり、しっかり運用すれば安定的に新規顧客を運んできてくれます。

難しくSEO対策についてあれこれ考えるより、まずはGoogleマイビジネスにしっかり取り組んでみてはいかがでしょうか。その後それでも集客が不十分となった際にポータルサイトの利用を考えれば良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました