Uber Eats 配達員になるには何が必要?登録方法はとても簡単!

都心に住んでウーバーイーツってやつで副収入を得たいんんだけど、何から始めたらいいのかよくわからないんだよね。ていうか、自分で調べるの面倒。

出た出た。よくない癖だからね、その面倒くさがり。。。じゃあ今日はUber Eats配達員になるのに必要なことや条件を見ていきましょう。といっても、そんなに難しいこともないし、必要なものも普通の人な持っているものばかりだから心配はいらないわよ。

Uber Eats 配達員に登録する

Uber Eatsの配達員(配達パートナー)は、非常に多くのメリットがある稼ぎ方です。あなたの好きな時間に働けますし、面倒な面接試験や履歴書・職務経歴書を用意する必要はありません。

どこかに出勤するという概念もないですし、上司や部下もいません。これだけ配達しなければいけないというノルマもなければ、服装や髪型、ピアスなども自由です。

それでいて上手に使えば一般的なアルバイトよりも効率的に稼ぐことができますし、報酬は週払いで振り込まれるので、素晴らしい複業・副業であると言えます。

Uber Eats配達員として活躍するメリット

  1. 好きな時間に働いて報酬が得られる
  2. まずは自転車を用意すれば始められる手軽さ
  3. 週単位で報酬が支払われる

Uber Eats 配達員になるのに必要なもの・条件

Uber Eats配達員になるために必要な条件は以下の通りです。

何も特別な条件などないので、ほとんどの方は気軽に登録することができると思います。

  • 年齢が18歳以上であること
  • 日本国で就労可能であること(外国籍の方でも就労資格があれば登録可能です)
  • ウーバーイーツがサービスを提供しているエリアで配達ができる
  • 身分証明書を持っている

3つ目がちょっと人によっては該当しないこともあるでしょうが、他の条件に関してはご覧のように特に問題なくクリアできる条件かと思います。

Uber Eatsの現在のサービス提供エリア

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービス提供エリアは日に日に広まっています。

横浜・大阪・京都・神戸・埼玉・名古屋・福岡など大きな都市が多いですが
徐々にエリアは拡大しています。

Uber Eats 面接試験やシフトはある?

ウーバーイーツに面接試験やシフトはありません。面接試験の代わりというわけではありませんが、簡単な登録手続きのようなものがあるだけです。

シフトもないので好きな時間・スキマ時間に配達の依頼を受けて報酬を得ることができます。

やりたくもないバイトを少ない時給で受けるような昔ながらのアルバイトなどとは一線を画した

まさに「新しい時代の働き方」という感じがしますね。

必要書類は?

Uber Eatsでは自転車・原付バイク・軽貨物または125cc超のバイクの3種類の配達方法を選ぶことができますが、それぞれ必要な書類が変わってきます。

自転車の場合
身分証明書が必要です。対象となる身分証明書は以下の通り。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

またプロフィール写真が必要です。

無帽の状態である程度正面を向いた写真が必要になります。顔全体が映っていて、肩のあたりまで写っているものを使いましょう。サングラスやマスクなどを着用し、顔の一部が隠れている写真は不可です。

原付バイク(125cc以下)を使う場合
運転免許証※必ず有効期限内の運転免許証が必要です。・自賠責保険証書※ウーバーイーツのアカウントを作成したときと同じ氏名が記載されているか確認してください。また、ナンバープレートの情報が保険書類上に記載されていない場合は「標識交付証明書」と「自動車損害賠償責任保険」を横に並べ、一枚の写真としてアップロードする必要が出てきます。
この際に双方書類の車体番号が一致していなければいけません。・ナンバープレートの写真
配達に利用する予定の原付バイクのナンバープレートの写真です。自賠責保険に登録されているナンバーと一致していなければいけません。・プロフィール写真

無帽の状態である程度正面を向いた写真が必要になります。顔全体が映っていて、肩のあたりまで写っているものを使いましょう。サングラスやマスクなどを着用し、顔の一部が隠れている写真は不可です。

軽貨物またはバイク(125cc超)の場合

運転免許証
当然、有効期限内のものです。

自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証

ウーバーイーツのアカウント登録時に使用した氏名と、書類上の氏名が一致している必要があります。

自動車損害賠償責任保険の証明書
ウーバーイーツのアカウント登録時に使用した氏名と、書類上の氏名が一致している必要があります。

任意保険または共済保険の証明書
ウーバーイーツのアカウント登録時に使用した氏名と、書類上の氏名が一致している必要があります。

ナンバープレート
必ず事業用のナンバープレートでなければいけません。軽自動車の場合は黒ナンバー、バイクの場合は緑ナンバーが必要です。自家用車の白ナンバーは利用できません。

プロフィール写真

無帽の状態である程度正面を向いた写真が必要になります。顔全体が映っていて、肩のあたりまで写っているものを使いましょう。サングラスやマスクなどを着用し、顔の一部が隠れている写真は不可です。

※外国籍の方のは以下の追加書類が必要
  • パスポートまたは在留カード

Uber Eats 配達員になった後に必要なもの

はれてUber Eats の配達パートナーになると様々な必需品が出てきます。持っていて当たり前のもの、これがないと配達ができないというものから、あると便利というものまでピックアップしたので参考にしてください。

これだけは欠かせない

  • 自転車(もしくはバイク)

 

  • スマートフォン

 

  • 配達用のバッグ

 

 

あると便利!

  • スマホホルダー

 

  • 雨の日グッズ(マウンテンパーカーやシューズカバーなど)

 

  • モバイルバッテリー

 

Uber Eats配達員になるための登録方法